火葬の歴史

火葬は、日本では一般的な死体の処理方法ですが、その歴史についてひも解いてみます。日本では平安時代以降、皇族、貴族、僧侶などに火葬が広まったのちも、土葬が広く用いられていました。

お寺での葬儀

以前、祖母の葬儀をお寺で行いました。祖母とは住んでいる所が離れていて、飛行機に乗らなければ会えない距離でした。それでも何年かに一度は顔を出す事が出来ていましたが、私が就職をしてからは、なかなか会う事も出来ませんでした。

葬儀における花の力

お葬式を行う上で、欠かせないというものの中に「花」があります。普段道端に咲いている花を見ても、綺麗だなと思うだけで、日常の生活の中であまり必要のないものだと私は思っていました。