お寺での葬儀

以前、祖母の葬儀をお寺で行いました。
祖母とは住んでいる所が離れていて、飛行機に乗らなければ会えない距離でした。
それでも何年かに一度は顔を出す事が出来ていましたが、私が就職をしてからは、なかなか会う事も出来ませんでした。
体がだいぶ弱ってきているとは聞いていましたが、その後しばらくして祖母は帰らぬ人となってしまいました。
元々祖母は、私たちの家の近くに住んでいましたが、年をとったため、長男である伯父に引き取られる形で引っ越して行きました。
引っ越すと同時に、お墓も購入し(祖父が亡くなっていますが、納骨堂にお骨がありました)伯父が檀家であるお寺にお世話になる事になりました。
祖母が亡くなったという知らせを受け、私たち家族や親戚は飛行機のチケットを取り、祖母のお葬式に向かいました。
今までお葬式といえば、葬儀式場にしか参列したことしかない私は、もちろん葬儀式場での葬儀だと思っていました。
母がお寺の近くにホテルを取ったと親戚と話をしていたので、きっとお寺の近くが葬儀式場なんだと勝手に思っていました。
そして、母がお寺への道のりを伯父に確認していたのも知っていましたが、ホテルから出掛ける時になって初めて葬儀式場がお寺という事を知った私は少しびっくりしてしまいました。
お寺はそんなに大きくなく、親戚だけでいっぱいになってしまいましたが、伯父の仕事関係の方が何名か参列して下さっていました。

後で母に聞いたところ、こちらには祖母の友人などもいなくて、お寺で家族葬形式で行う段取りだったけれど、親戚が思いのほか集まったことと、伯父の会社関係者も何名か参列して下さった事で予想以上の人数の葬儀になったとのこと。
お寺で葬儀を行うと聞いた時にはびっくりしましたが、初めてのお寺でのお葬式は葬儀式場と変わりなく滞りなく進んでいきました。
お墓を建てる時はお坊さんが色々と相談に乗ってくれたようです。
今なら知っておきたい事前知識、お墓のあれこれ講座で調べることも出来ますが、お坊さんに直接尋ねてみるのもいいかもしれませんね。